伝え方

部活を辞めたい時に顧問へ伝える辞める理由と切り出し方まとめ

どんなに楽しくて充実している部活動であっても、時には辞めたくなることもあるでしょう。

そして辞めたいと思った時、顧問にどのように伝えたらいいのでしょうか?悩んでしまいますよね。

そこでこの記事では、

記事を読んでわかること
  • 部活を辞めたい…顧問にどう伝えればいい?
  • 顧問が怖くて言い出せない時どうする?

以上についてお伝えしていきます。

部活動は、社交性や責任感を養えるなど多くの良い点があります。

しかしデメリットももちろん存在し、それらのプレッシャーによって、あなたが辞めざるを得ない状況に追い込まれてしまう可能性もゼロではありません。

この記事では、そのような状況にあなたが陥った時、顧問に部活辞めたいという意思をどうやって伝えたらいいのか、

その際に伝えるべき理由や、怖くて言えない場合の対処法、切り出し方などについて取り上げます。

ぜひ最後まで読んでくださいね。

もし今将来に不安を抱えてるとしたら・・・

こんな人必見
  • もっと自分がやりたいと思うことをやりたい!
  • 将来に役立つことをしたい!
  • そもそもやりたいことも分からない!

そんな気持ちを抱えてるとしたら、【はたらく部】を利用することで、あなたが感じる不安を根底から解消することができます。

【はたらく部】とは・・・

学校でも塾でもない、自分だけのやりたい道、夢中になれる道を一緒に見つけ、サポートしてくれる学生“限定”の完全オンラインスクールです。

少しでも気になったら、⇩の公式ページを見てみてください☆

\LINEで簡単60秒で無料登録!!/
はたらく部公式サイトを見る

(はたらく部の公式HP:https://hatarakubu.jp

部活辞めたい時の顧問へ伝える辞める理由

部活辞めたい時、顧問に辞めたい意思と理由を伝えるのは緊張しますし、大丈夫だろうかと不安に思うこともあるでしょう。

しかし、自分自身のためにも、顧問に対して率直に理由を伝えることが大切です。

ここでは、人はどういうタイミングで部活を辞めたいと思うのか、以下の理由について具体的に説明します。

  • 部活がつらい・楽しくない時
  • 人間関係がうまくいってない時
  • 他にやりたいことがある時
  • 顧問が嫌いな時

部活がつらい・楽しくない時

部活動は練習量や時間の拘束など、体力面で大変なことは多いです。

こうした場合、顧問には「部活がつらいから・楽しくないから辞めたい」と正直に伝えることが大切です。

あなたが運動が苦手で楽しさを感じられなかったり、練習量がハードすぎてついていくのがつらかったりすると、部活に参加することそのものが辛くなってしまうかもしれません。

また、試合に出ることが強い緊張感やプレッシャーになってしまい、重すぎるストレスとなってしまい、結果部活がつらい、と思うようになってしまうパターンもあります。

部活がつまらない・楽しくない時に考えるべきこと3選!辞めるのはもったいない?部活がつまらない、楽しくないと感じてしまうこと、ありますよね。そんな時、どう対処すればいいのか迷うと思います。この記事では、そんな悩みを解決するための方法を3つ紹介します。部活を楽しくするコツや、辞めることがもったいない理由もお伝えします。あなたの部活生活が再び楽しくなるようなヒントがきっと見つかりますよ。ぜひ最後まで読んでみてください。...

人間関係がうまくいってない時

部活動で仲の良い友達ができることは多いですが、逆に人間関係で悩むこともあります。

こうした場合、顧問に「人間関係がうまくいっていないから辞めたい」と率直に伝えましょう。

仲間とのコミュニケーションが上手くいかず孤立してしまったり、トラブルの末に人の輪から弾かれてしまった場合、部活が嫌になってしまってしまうのも無理はありません。

また先輩後輩の上下関係に悩まされて、というのも、幅広い年齢層が在籍する部活ならではの悩みとして多く挙げられます。

部活の人間関係にストレスを感じてる時に考えるべきこと3選!部活で人間関係のストレスを感じているとき、どうすればいいのか迷いますよね。この記事では、そんなあなたのために、ストレスの原因を洗い出す方法や、それをどうプラスに変えるか、さらには解消法まで詳しく紹介します。あなたの悩みを解決し、部活生活をもっと楽しむためのヒントが詰まっています。あなたの気持ちを理解し、適切な対処法を見つけ出すための手助けになれば幸いです。ぜひ、最後までお読みくださいね。...

他にやりたいことがある時

部活動以外に興味があることややりたいことがある場合、時間や体力の面で部活と両立が難しくなるかもしれません。

こうした場合、顧問に「他にやりたいことがあるから辞めたい」と伝えた方がよいでしょう。

将来の進路や夢のために、という理由の他に、受験や試験に向けての時間をしっかり取りたいから、と思い悩む場合も多いようです。

顧問が嫌いな時

部活動では顧問との信頼関係が重要な要素となります。

しかし、顧問との相性が合わないと部活動の参加が苦痛となってしまうことも多く、この場合理由を直接言うのは難しいこともあるでしょう。

その時は本当の理由ではなく、「部活についていくのが辛くなったので」など他の理由を伝えてもいいでしょう。

顧問との価値観や性格の違いが原因でどうしても相性が合わないと感じたり、指導方法に不満があったりなど、顧問が熱心であればあるほど思い悩む場面は多いかもしれません。

顧問が怖いから言えない・・・対処法は?

顧問が怖くて話せないと感じる場合は、まず自分自身の気持ちを整理しましょう。

そして辞めたい理由を具体的に説明できるようにしておくことが大切です。

また、話す際には相手の立場に立って考えることも重要。

顧問はなぜ厳しかったのか、あなたがまだ知らない理由があったのかもしれません。

自分自身の意見を押し付けるのではなく、相手が何を考えているのか、どんな立場にいるのかを考えてみることで、お互いの考えを尊重しあう対話ができるようになるはずです。

最後に、言葉遣いに注意するなど話し方にも気を遣い、失礼のないように話しましょう。

あなたが何を悩んでいるのか、今後に関してどう考えているのかをしっかりと相手に伝えることで、辞める以上の解決策を見つけだすための相談ができるかもしれません。

顧問への切り出し方・タイミング

それでは、実際に辞めることを切り出す際、顧問にはどう伝えていけばいいでしょうか?

切り出し方

顧問に辞めたいと伝える際、基本的には率直に話すことが大切です。

直接話すのが難しい場合は、事前にメールや手紙などで考えをまとめてみてもいいでしょう。

ただし、出来るだけ相手の顔を見ながら直接辞めたい意思を伝えた方が、スムーズに事が運ぶはずです。

また、その時には言葉遣いに注意し、相手を尊重することを忘れないようにします。

自分の意見をきちんと伝え、相手の意見にも耳を傾ける「対話」をすることも忘れずに心がけましょう。

言うタイミング

顧問への辞める理由を伝えるのは、できるだけ早めのタイミングであることが望ましいです。

ただし、顧問や部活が取り込み中の時、例として試合の前日や当日などに言うのは避けましょう。

また、顧問が忙しい時期や疲れている時なども避けた方が良いでしょう。

いきなり押しかけたりしないよう、きちんとアポイントを取って相手の都合を確認することが重要です。

まとめ:顧問に”迷い”を見せないのがコツ!

部活を辞めたい、と顧問に伝える時には、緊張感や不安で固くなっていることがほとんどです。

しかし、自分の言い分だけを押し付けるのではなく、顧問の意見にもきちんと耳を傾け、相手との対話を試みる姿勢を持ちましょう。

部活を辞めることは、あなたのこれまでの人生の中でも特に大きな出来事になるはずですし、また今後の人生においても大切な決断のきっかけにもなるはずです。

後々振り返った時に後悔がないよう、顧問にはあなた自身の思いや願いを率直に伝え、理解してもらえるよう努めてくださいね。

あなた自身にとってより良い未来をつかみ取れるよう、自信を持って進んでいってください。